新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

自動でツールを交換できるATCを搭載したデスクトップサイズCNC加工機「Carvera」がKickstarterに登場し、1億円を上回る支援を集めている。

photo

Carveraは、ビットの自動交換や集塵システムを搭載し、カバー付きの筐体の中で開始から終了までクリーンな加工ができるデスクトップCNC加工機だ。

photo

全ての軸に高精度のリニアレールとボールねじを使っているので、振動を抑制し、高精度かつ静かに動く。また、オプションで4軸を追加し、円筒形のアイテムを連続加工することもできる。X/Y/Z軸はサーボモーター、回転軸はステッピングモーターで駆動する。スピンドルのランアウトは0.01mm以下、独自の閉ループシステムを採用し、加工精度は0.05mmとしている。

photo

オプションでPCB(プリント基板)作製キットも購入可能だ。ユーザーはパターンファイルを読み込ませるだけで、自動ツール交換と自動レベリングによって、わずか数分でPCBを作製できる。

photo

制御ソフトは、Windows、Mac、iOS、Android、Linuxに対応し、Wi-Fiを使った遠隔操作も可能だ。Fusion 360やSolidWorksなどCAD/CAMソフトウェアと互換性がある。

photo

加工できる素材は、木材、プラスチック、炭素繊維、アルミニウムなどの非鉄金属で、繊細なアート作品から、ロボットやドローン向けの丈夫で高精度の部品まで作れる。2.5Wダイオードレーザーは皮革や布地に対応する。

photo

本体サイズは58×52×54cmで、カバーを開けたときの高さは84cmで、重さは50kg。加工エリアは最大36×24×14cmで、集塵ボックスの容量は0.8Lだ。

photo

早割価格は、本体とツールキット、アクセサリーキット、素材セットが付いて3099ドル(約35万3000円)。4軸キットまたはPCB対応キット(発注時に選択)は3250ドル(約37万円)。出荷は2022年8月の予定で、日本への送料は別途請求される。

Carveraは、2021年10月26日までクラウドファンディングを実施中。10月19日時点で、10万ドル(約1140万円)の目標額を上回る約146万ドル(約1億6726万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る