新しいものづくりがわかるメディア

RSS


smartDIYs、大型CO2レーザー加工機「LC950」を販売開始

smartDIYsは「LC950」の予約販売を2021年10月25日から開始した。

LC950は80WのCO2レーザーを搭載。素材によっては10~15mm程度の素材も切断できるほか、アクリル/ガラスなどの透明素材も加工可能だ。本体サイズは1776×1150×1100mm、重量は約250kg。加工エリアは950×650mmで、大きな素材も一度に加工できる。

従来品に比べて加工精度や速度の向上も図られているのも特徴だ。最高速度は4万8000mm/分で、細かい刻印から大型素材のカットまで利用できる。また、装置自体を重くするなどして堅牢性を高めている。底部の加工ベッドは取り外し可能なため、加工機の中に入らない大きい素材も加工できるほか、高さがある素材にも対応している。

操作用ソフトウェアには同社の「SmartDIYs Creator」を使用できるほか、より細かな設定が可能な「LightBurn」などの外部ソフトウェアにも対応する。オプションについても、従来品と同様の排気関連(排気ファン/集塵機)やレンズ、ハニカムテーブルに加え、昇降リフトや回転軸、PCアームなども用意する。

価格は79万8800円(税込)で、自社オンラインショップで販売する。2021年11月上旬から順次発送予定だ。

今後は通常モデルのLC950(ガラス管搭載)に加え、金属製のレーザー管を搭載したモデル「LC950RF」も発売を予定している。

LC950RFは長時間の連続使用に対応しているため、常時稼働などに適している。また低出力でのレーザー照射が安定しているため、精細な写真加工なども可能だ。高性能なサーボモーターの搭載により高速な加工が可能で、最高速度(X軸)は12万mm/分となる。なお同製品は価格、予約開始時期ともに現時点では未定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る