新しいものづくりがわかるメディア

RSS


なななっ!! なんと、イカに骨!? 3Dプリントによる架空の骨格標本、Twitterで話題に

出典:増永元 Glass ArtistさんのTwitter

3Dプリントで作成された「イカの骨格標本」がTwitterで話題だ。イカは軟体動物(無脊椎動物)なので、もちろん標本は架空のもの。

作者はガラスアート作品を手掛ける増永元(@masunaga_gen)氏で、作品名は「『烏賊ノ骨』2021」。2021年10月上旬にハッシュタグ「#骨の展覧会」つきで投稿された。

増永氏によると、イカの骨格標本は、かつて古代に存在していた生物の骨格や化石に着想を得て作成したとのことだ。骨などの各パーツは全て3Dプリンターにより出力されており、材質はABS樹脂を採用し、アクリル彩色で着色している。

本作品で使用した3Dプリンターは、QIDI TECHのFFF(熱溶解積層)方式3Dプリンター「X-Maker」。3Dモデリング用ソフトは「NOMAD SCULPT」を使用し、iPad Proでデータを作成した。

増永氏によると、製作期間については合計で2カ月程度であり、「モデリングも3Dプリントも初心者な上、空いた時間に少しずつ作業を進めていたため、データ作成に約1カ月、さらに出力から仕上げまでに1カ月くらいかかった」という。

増永氏は「遠い未来の鑑賞者に、この時代の生物の姿を伝える」という目的から、普段は長期間安定する素材としてのガラスを用いた、バーナーワークでの制作をメインとしている。

今回のイカの骨もガラス素材で作成可能だったが、あえて3Dプリンターによる造形を採用した意図としては、「ガラス素材で表現する理由が見つからず、さらにガラス造形作品では技術的な部分が注目されがちで、作品本来の意図が伝わりにくくなるという懸念があった。3Dプリント作品なら、より純粋にアイデアの産物としての創作物を提示できると考え選択した」ということだ。

今後もガラス創作の合間に3Dプリント作品を制作する予定で、次の作品の3Dデータも少しずつ作成しているとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る