新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CNC加工を手軽に——オリジナルマインド、コンパクトなCNCフライス盤「KitMill BS100/200」発売

オリジナルマインドは、コンパクトサイズの基本仕様モデルCNCフライス盤「KitMill BS100/200」を発売した。

photo

KitMill BS100/200は、シリーズ最初期に開発された前機種「KitMill BT100/200」のコンセプトを発展させ、さらに安定した加工性能を確立したものだ。

加工テーブルではなくスピンドル側を動かす構造を採用することで、テーブル面のスリットをなくし加工機の下に切りくずが落下しない構造とした。また、カバーを外すことなく原点センサーの調整を可能としエンドミルの垂直度調整を容易にするなど、使いやすさやメンテナンス性を追求し、使用中や調整時のストレスを大幅に軽減している。コストについても、部品形状を見直し、樹脂部品の製造に射出成形を取り入れるなど、より簡略化された構成を実現した。

基板を精密かつ正確に切削するための基板加工アタッチメント、太いエンドミルへの換装や深い溝を切削できる30Wスピンドル化セット、切削中の切りくず詰まりを防止して安定した加工を実現する集塵機作成キットなど、拡張用のオプション品として専用ツールの取り付けが可能だ。

テーブルサイズは、BS100が150×100mm、BS200が150×200mm。取り付け可能な材料の高さは42mm。ストロークはX軸/Y軸/Z軸が、BS100が157/107/56.7mm、BS200が157/207/56.7mmだ。

販売価格はBS100が19万8000円、BS200が21万8000円だ(いずれも税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る