新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi搭載ロボット犬——ROSで動く小型ロボットドッグ「Mini Pupper」

オープンソースの小型ロボット犬組み立てキット「Mini Pupper」がKickstarterに登場し、わずか5分で目標額の調達に成功している。スタンフォード大学の研究チームが開発した小型四足歩行ロボット「Stanford Pupper」をベースにしている。

photo

Mini Pupperはパワフルなカスタムサーボを搭載し、12自由度のダイナミックで自在な動作が可能なロボット犬組み立てキット。ROS(Robot Operating System)やOpenCVをサポートしており、最新のロボティクスを実践的に学ぶことができる。

photo

前面の液晶ディスプレイは顔に相当するアニメーションを表示でき、PCを使ってカスタマイズも可能だ。4本の脚をコントロールして、体を傾けたり、その場で回ったり跳ねたり、多彩な歩行(トロット、ペース、バウンド)動作が可能だ。

photo

ロボット用のソフトウェアプラットフォームROS(Robot Operating System)を搭載し、自動運転技術で使われているSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)やナビゲーション機能を利用できる。

photo

オプションのLidarやカメラセンサーを追加すれば、リアルタイムにマップを生成したり、自己位置を推定したりでき、自律歩行が可能になる。また、OpenCVの最新カメラモジュール「OAK-D LITE」をサポートしており、スパーシャルAIを活用することで顔や対象物の検知や認識もできる。

photo

Mini Pupperのサイズは209×109×165mmで重さは560g、バッテリー容量は800mAh、ストレージは2GBのSDカード、入力電圧は100~240Vとなっている。制御ボードには、Raspberry Pi 4Bを搭載する。約30分の充電で、約25分の駆動が可能。 オープンソースプロジェクトであり、デザインファイルやソースコードはMini Pupper Githubプロジェクトリンクからダウンロードできる。

photo

Mini Pupperのすべての部品が揃ったコンプリートキットは、今なら数量限定の早割価格3890香港ドル(約5万7000円)で入手できる。2021年11月の出荷を予定しており、日本への送料は195香港ドル(約2800円)となっている。

Mini Pupperは、2021年10月29日までクラウドファンディングを実施中。10月25日時点で、7万7853香港ドル(約113万円)の目標額を大きく上回る約346万香港ドル(約5060万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  2. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  3. スキャン精度0.1mm、フレームレート10fpsに向上——ハンディー3Dスキャナー「Revopoint POP 2」
  4. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  5. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  6. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 右手っぽく握ったり開いたりするロボットハンド
  9. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  10. AIマシンビジョンにも3Dプリントにも使えるデスクトップ4軸ロボットアーム「HUENIT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る