新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自動運転や顔認証も——小中学生向けAI学習ロボットキット「Quarky」

初心者向けのAI学習ロボットキット「Quarky」がIndiegogoに登場し、人気を集めている。

photo

Quarkyは、子どもが楽しみながらAIやロボティクス、プログラミングを学べるDIYトイキットだ。

photo

Quarkyのメインとなるのが、Wi-FiとBluetoothを内蔵するマイコン「ESP32」で制御するカスタムボード。サーボモーター駆動のホイール×2、7×5RGB LEDディスプレイ、近接センサー、スピーカー、USB Type-Cポート、パワー/リセットスイッチなどを搭載しており、シンプルながら2輪のロボットカーとして機能する。プロジェクトに応じたパーツを組み立ててプログラミングすることで、自動運転車やセキュリティーシステムなどの仕組みを学べる。プログラミングは、ブロックベースのScratchとPythonに対応する。

photo

Quarkyには、30種類以上の遊びを通じAIの基礎について学べる「イノベーターキット」と、50以上の遊びを通じ高度なAIとロボティクスについて学べる「アルティメットキット」を用意している。イノベーターキットはロボット、USB Type-Cケーブル、バッテリー、パーツ×10、ロボットアリーナ、ロボットスキン×2、認識カード×10、スタートガイド、オンラインコースなどがセットになっている。アルティメットキットはイノベーターキットの内容物に加え、ロボット10台以上用のパーツ、追加モーターセット×2、サーボモーター×2、ジャンパーケーブル×20、距離センサー×1、ロボットアリーナ(アドバンス版)などが含まれる。

photo

キットに用意されたロボットやパーツなどを使って、自動運転車や人物追従ロボット、インテリジェントセキュリティーシステム、ジェスチャーコントローラーロボットなどを組み立てることができる。実社会で実用化されている物体検出や自動運転、機械学習、顔認識、IoTなどの技術を楽しみながら学べると同時に、子どもたちが将来役に立つ問題解決スキルやアルゴリズムシンキング、クリエイティブなアプローチ方法などを身に付けられるとしている。

photo

Quarkyの予定小売価格はイノベーターキットが99ドル(約1万1000円)、アルティメットキットが149ドル(約1万7000円)で、Indiegogoではそれぞれ価格49ドル(約5500円)と79ドル(約9000円)で入手できる。2021年11月以降の出荷を予定しており、日本への送料はそれぞれ25ドル(約2800円)と32ドル(約3600円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  8. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る