新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイ+ESP32——デュアルマイコンAI開発ボード「UDOO KEY」

マイコンRP2040とESP32を搭載したAI開発ボード「UDOO KEY」がKickstarterに登場し、わずか90分で目標額の調達に成功している。

photo

UDOO KEYは、RP2040マイコン搭載のRaspberry Pi Pico互換ボードと、 Wi-Fi/Bluetoothモジュール内蔵のESP32マイコンボードを組み合わせた開発ボード。独自のAI/IoTプラットフォーム「Clea」にアクセスして、豊富なトレーニング済みのAIモデルを利用できる。9軸IMUセンサーモジュールやデジタルマイクを搭載した「UDOO KEY PRO」も用意している。

photo

RP2040とESP32の両マイコンはそれぞれプログラミングができ、シリアルポートやSWDインタフェースを介して相互通信も可能。ESP32ファームウェアへのアクセスや、TinyML、TensorFlow Lite、MicroPython、C/C+などの開発環境に対応する。

photo

Cleaを利用すれば、コネクテッドデバイスから得たデータの管理と、ユーザーのニーズに応じたフローの作成が可能。ユースケースの選択、ハードウェアの選択、最適なAIモデルの選択の3ステップで簡単にAIアプリを構築することができる。

photo

例えば9軸IMUセンサーモジュールとCleaの予知保全AIモデルを使い、コネクテッドデバイスから得たデータを機械学習アルゴリズムで分析し、寿命や不具合が生じる前に知らせる予知保全や、デジタルマイクとWi-Fi/Bluetooth通信機能、Cleaの音声認識AIモデルを使い、鳥の鳴き声から種類を判別する音声認識などのAIプロジェクトを開発できる。

photo

UDOO KEYとUDOO KEY PROの予定小売価格は20ドル(約2300円)と24ドル(約2700円)で、今なら数量限定早割価格4ドル(約450円)と9ドル(約1020円)で入手できる。2022年1月の出荷を予定しており、送料15ドル(約1700円)で日本への出荷に対応する。

photo

UDOO KEYは、2021年11月18日までクラウドファンディングを実施中。11月15日時点で、1万ドル(約114万円)の目標額を大きく上回る約14万8000ドル(約1690万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る