新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイでナンプレを解く——Pi Zero Wで3Dプリンターを「Sudoku solving robot」に改造

Raspberry Pi財団は2021年10月12日、Raspberry Pi活用事例として、市販の3Dプリンターを「ナンバープレイス」パズルを解くプロッターロボ「Sudoku solving robot」に改造した例を紹介した。

photo

3×3の正方形ブロックに1~9をの数字を埋めて 9×9のマスを完成させるパズルは、「Sudoku(Number Place)」として海外でも知られている。Sudokuの愛好家でもあるZach Hipps氏は、デスクトップサイズの3Dプリンターに、ペン、カメラ、Raspberry Pi Zero Wを追加し、Sudokuを解くアルゴリズムや、XYZ軸を制御するGコードを作成することで、紙のSudokuパズルを読み取り、解を計算し、答えをプロットする装置を作製した。

Sudoku solving robotは、まず、プリントベッドに置かれた問題用紙をカメラで撮影し、コンピュータービジョンで処理して数字の配置を抽出する。抽出した値をもとにRaspberry Pi上でアルゴリズムを実行して解を求め、Gコードをプリンターに送信し、答えを順に用紙へ記入していく。

Zach氏はコンピュータービジョンを扱うのは初めてというが、完成したSudoku solving robotは数分で解けるという。公開中の動画では、Zach氏とロボットがパズルの早解き対決に挑戦し、Zach氏が1枚解く間に、ロボットは7枚パズルを解く結果となった。

Zach氏によると、当初はペンプロッターを作成しようと思ったが、ペンプロッターはすでに持っているため、3Dプリンターでチャレンジしたようだ。ペンとカメラを取り付けるために3Dプリンターの部品を一部取り外してはいるが、本来の3Dプリンターとしても機能するという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る