新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ブラックアルマイトでクールに——SEEEDの「Raspberry Pi 4B 用ヒートシンクキット - 黒アルミニウム」

Raspberry Pi 4 Model BのCPUなどのチップを冷却するヒートシンク4点セット「Raspberry Pi 4B 用ヒートシンクキット - 黒アルミニウム」が発売された。開発元はSEEEDで、スイッチサイエンスから購入できる。

photo

同製品は、Raspberry Pi 4 Model BのCPUなどのチップを冷却するアルミニウム製ヒートシンク4点セットだ。

通常動作ではボードのシステムオンチップの温度は60℃に達し、USB使用後は60~70℃に達する。CPUを集中的に使用する際は、 高温によりRaspberry Pi 4 Model Bに搭載されているセーフティー機能が動作して パフォーマンスが低下するため、ヒートシンクが必要となる。

同製品は、Raspberry Pi 4(1GB、2GB、4GB)と完全互換性があり、Pi 4アクセサリにも使用できる。

それぞれのヒートシンクをチップに貼りつけるタイプで、表面はアノダイズ処理されたアルミニウム製。価格は297円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る