新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵

Cobra

船舶の安全性などを認証するアメリカ船級協会(ABS)は、スコットランド北東部にあるアバディーンシャーの沖合にある浮体式洋上風力発電「Kincardine」を世界最大と認定した。

深さ60~80mの海域で稼働し、発電容量は50MWに相当する。1年間の発電量は218GWhを見込んでおり、スコットランドの5万5000世帯をまかなう電力量に匹敵する。

Kincardineは、スコットランドの「Pilot Offshore Renewables」の完全子会社「Kincardine Offshore Wind」が開発。設計、建設、エンジニアリングなどは、スペインに拠点を置き、世界的にインフラやエネルギー関連プロジェクトを手掛けている「Cobra Group」の子会社「Cobra Wind」が担っている。

ABSのサービスは、浮体式洋上風力発電設備建設に関するガイドへ準拠しているかの検証、設計、製造、輸送、検査の提供に至る全てのフェーズをカバーしている。同協会副会長のMatthew Tremblay氏は「われわれは、オフショア産業の始まりから認証機関として業界をリードしてきた。広範な経験は、浮体式洋上風力発電の健全な発展に寄与するだろう」と強調した。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  2. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  3. スキャン精度0.1mm、フレームレート10fpsに向上——ハンディー3Dスキャナー「Revopoint POP 2」
  4. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  5. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  6. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 右手っぽく握ったり開いたりするロボットハンド
  9. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  10. AIマシンビジョンにも3Dプリントにも使えるデスクトップ4軸ロボットアーム「HUENIT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る