新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」

Raspberry Pi財団は、 Raspberry Piの活用事例として低コストで高画質撮影ができる「Raspberry Pi Cinema Camera」を公式ブログで紹介した。

Raspberry Pi Cinema Cameraは、4GBメモリ搭載のRaspberry Pi 4 Model Bをベースに、1230万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載した「Raspberry Pi High Quality Camera(以下、HQカメラ)」と6mmレンズを組み合わせた、オープンソースのシネマカメラプロジェクトだ。

クリエイターのCsaba Nagy氏は、Raspberry Pi公式フォーラムに、12bit RAW DNG、解像度2028×1080、フレームレート24fpsの撮影動画を投稿して公開した。映像編集には「DaVinci Resolve」ソフトウェアを利用しているとのことだ。

ハイエンドカメラを使えば4K動画をRAW撮影できるが、価格が高い。Raspberry Piは、オートホワイトバランス、自動露光、H264/JPEGコーデックなど、カメラ撮影に便利な機能を備えており、一般的な用途には十分だが、高画質の映像を撮るには工夫が必要だ。Nagy氏は、Raspberry Piプラットフォームと高画質映像撮影に必要な要素を組み合わせた結果、Raspberry Pi Cinema Cameraで「1000ドル以上するカメラのスペックに匹敵する」撮影が可能になったとコメントしている。

Raspberry Piでシネマカメラ機能を実現するためのソフトウェアは、GitHubで「CinePI」として公開されており、公式フォーラムにはHQカメラモジュールの可能性を引き出そうと、現在もさまざまな投稿が寄せられている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る