新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」

Raspberry Pi財団は、 Raspberry Piの活用事例として低コストで高画質撮影ができる「Raspberry Pi Cinema Camera」を公式ブログで紹介した。

Raspberry Pi Cinema Cameraは、4GBメモリ搭載のRaspberry Pi 4 Model Bをベースに、1230万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載した「Raspberry Pi High Quality Camera(以下、HQカメラ)」と6mmレンズを組み合わせた、オープンソースのシネマカメラプロジェクトだ。

クリエイターのCsaba Nagy氏は、Raspberry Pi公式フォーラムに、12bit RAW DNG、解像度2028×1080、フレームレート24fpsの撮影動画を投稿して公開した。映像編集には「DaVinci Resolve」ソフトウェアを利用しているとのことだ。

ハイエンドカメラを使えば4K動画をRAW撮影できるが、価格が高い。Raspberry Piは、オートホワイトバランス、自動露光、H264/JPEGコーデックなど、カメラ撮影に便利な機能を備えており、一般的な用途には十分だが、高画質の映像を撮るには工夫が必要だ。Nagy氏は、Raspberry Piプラットフォームと高画質映像撮影に必要な要素を組み合わせた結果、Raspberry Pi Cinema Cameraで「1000ドル以上するカメラのスペックに匹敵する」撮影が可能になったとコメントしている。

Raspberry Piでシネマカメラ機能を実現するためのソフトウェアは、GitHubで「CinePI」として公開されており、公式フォーラムにはHQカメラモジュールの可能性を引き出そうと、現在もさまざまな投稿が寄せられている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  5. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  6. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  9. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る