新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Natureがスマートリモコン「Nature Remo mini 2 Premium – Nature Blue」を発売

Natureはスマートリモコン「Nature Remo mini 2 Premium – Nature Blue」の販売を2021年11月25日に開始した。

同製品は、外装に海の色から着想を得たコーポレートカラー(Nature Blue)を採用。同社のミッション「自然との共生をドライブする」を表す色として重厚感のある深い青色を採用することで、同社がエネルギーの課題へと挑戦することの決意や力強さを表現している。

また、赤外線を透過する特殊なインクを使用し、マットな質感と濁りのない深い青色を実現している。

対応OSはiOS 12.0/Android 6.0以上。Wi-Fi 2.4GHz/赤外線/Bluetooth Low Energy(セットアップ時のみ)に対応している。サイズは58×58×16mm、重さは約23gで、価格は6980円(税込)だ。

同社はスマートリモコン「Nature Remo」の開発/販売を主軸としており、2020年6月には新型モデル「Nature Remo 3」を発表。2021年4月にはNature Remoと次世代型HEMS「Nature Remo E」のシリーズ累計販売台数が30万台を突破した。 並行して同年3月には「Natureスマート電気」で電力小売事業にも参入しており、今後はBehind The Meter事業の基盤構築に加え、外付けIoT製品群を超えたEVパワーステーションの事業にも着手予定だ。

使用イメージ 使用イメージ

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  5. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  6. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  9. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る