新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅で手軽に真空成形——デスクトップ型バキュームフォーマー「FORMART」

デスクトップ型バキュームフォーマー「FORMART」が、GREEN FUNDINGで先行予約販売を開始した。

photo

FORMARTは、家庭用でありながら業務用グレードと同等の高品質のプラスチック造形ができる卓上真空成型機だ。

photo

業務グレードの真空ポンプとヒーターを搭載。低中高の3段階プリセットから吸引力モードを選択できる。必要な場合は-90~-10kPaの範囲で吸引力を任意に設定できる。業務グレードのヒーターにより加熱速度が早く、予熱機能も搭載。16種類のプラスチック材料に対応する。

photo

QRコード付きの専用プラスチックシートを所定の位置にセットすると、QRコードが読み込まれて、成形に最適なパラメーターを自動セットする機能も搭載する。

photo

その他成形ヘッドの大きさをA4から50×30cmまで4段階で選択できたり、独自の補助離型機能などを搭載する。本体サイズが625×534×476mmで重量25kg。加熱器は石英カーボンファイバー製でヒーターの温度範囲は90~230℃となる。

photo

GREEN FUNDINGでの販売価格は「【超早割28%OFF】FORMART一台」23万6800円、「【早割22%オフ】FORMART一台」が25万6800円(いずれも税込)などとなっている。プロジェクト目標額100万円のところ、2021年12月1日時点で約390万円の支援が集まっており、すでにプロジェクトを達成している。

今回、真空ポンプ非搭載の「FORMART Lite」も同時に予約販売を受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る