新しいものづくりがわかるメディア

RSS


古いトースターを魔改造——任天堂のゲームコンソールを組み込んだ「Nintoaster」

Ryan/YouTube

日常的な家電製品のひとつ、パンを焼くトースターをクールに改造したいというのは、エンジニアの本能的欲求なのかもれない。海外ではトースターをゲーム機の本体にする改造が、10年以上前から行われている。

「Nintoaster」と呼ばれるこの改造は、往年の名ゲーム機「Nintendo Entertainment System(NES:海外向けファミリーコンピューター)」をポップアップトースターの中に組み込むもので、1980年代のビデオゲームをノスタルジックな雰囲気の中で楽しむことができる。

NintoasterにはNESのマザーボードが組み込まれており、パンのかわりにゲームのカセットをNintoasterのスロットに挿入し、レバーを押し下げると電源が入る。焼き目調整のツマミを回すとスロット内が赤く光り、ゲームを盛り上げる。確かにあのカセットを差し込むスロットのサイズ感は、トースターの開口部そのものだ。残念ながら、ゲームオーバーになるとカセットが飛び出すといった仕掛けはない。

NESは、1985年にアメリカで発売され、1995年に生産を終了するまでに3400万台も販売された大ヒット商品だ。Nintoasterは2008年にYouTubeに登場しており、その後Nintoaster II、Super Nintoasterとバージョンアップ版が出たり、フィンランドやオランダでも製作されている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る