新しいものづくりがわかるメディア

RSS


2色を混ぜて繊細なグラデーションも表現できるカラー3Dプリンター「Rencolor DM-10」

2色のフィラメントを混ぜて、色彩豊かな造形物を作れるFFF方式のカラー3Dプリンター「Rencolor DM-10」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

Rencolor DM-10

Rencolor DM-10は、2色のフィラメントを1つのノズルから出力するヘッドを利用して、単色や2色だけでなく、グラデーションやマルチカラーでも高精細に表現する造形物を作ることができる。ノズル内部にフィラメントをかき回して混ぜるパーツを備えているので、色を均一にすることができ、かつ速く正確な比率で混ぜられる。造形物の色の境界を明確に分けることもできれば、なめらかに濃度や色味を変えることもできる。

Rencolor DM-10
Rencolor DM-10

ノズル直径は0.4mmで、積層ピッチは0.1~0.3mm、解像度は±0.1mm。1.75mm径PLAフィラメントに対応しており、30~60mm/秒でプリントすることを推奨している。OSはWindowsまたはMacに対応する。

本体にフルカラータッチスクリーンを搭載し、フィラメントのロードやアンロードもボタンを押すだけ。モジュラー式のため、組み立ても10分程度でできるという。オフラインでのプリントも可能で、停電時の復帰機能も備える。

Rencolor DM-10は造形サイズが異なる2モデルを用意しており、「Mini」は220×220×260mm、「Max」は300×300×360mmまでプリントできる。本体サイズは、Miniが470×350×580mmで、Maxが490×550×670mm。本体重量はMiniが12kgで、Maxが16kgだ。

Rencolor DM-10

期間限定の特別割引価格は、Miniが3497香港ドル(約5万1000円)で、Maxが4666香港ドル(約6万8000円)。いずれもPLAフィラメント(250g)2巻が付属する。出荷は2022年3月の予定で、日本への送料はそれぞれ778香港ドル(約1万1000円)と934香港ドル(約1万4000円)だ。

Rencolor DM-10は、2021年12月10日までクラウドファンディングを実施中。2021年11月30日時点で、目標額7万7798香港ドル(約113万円)のうち、約7万9000香港ドル(約116万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る