新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソラコム、AIカメラの新モデル「S+ Camera Design」と専用AIアルゴリズムを提供開始

TAG

AI

ソラコムが、LTEおよび小型コンピューター搭載のAIカメラ「S+ Camera」(サープラスカメラ)シリーズの新モデル「S+ Camera Design」を発売した。

S+ Cameraシリーズは、IoTプラットフォームSORACOMのノウハウを生かしたAIカメラだ。Linuxベースの小型コンピューターとセルラー通信(LTE)を搭載し、AIアルゴリズムをインストールすることでさまざまな用途向けに使用できる。撮影した画像の確認やAIアルゴリズムの入れ替えは専用のコンソール画面から行うことができる。AIアルゴリズムはソラコムが無償提供する「リファレンスアルゴリズム」や、ユーザー企業が独自開発した「自社開発アルゴリズム」、さらにパートナー企業が有償で提供する「3rd partyアルゴリズム」のいずれかが利用できる。

同AIカメラは、商業施設の混雑度チェックや街中の交通量調査、電気や空調設備のモニタリング、工場などの入退室管理などに活用されている。

最新モデルS+ Camera Designは、幅わずか5cmと従来モデルの約半分のサイズにスリム化。狭い場所でも設置できるようにした。また、前後や斜めにカメラを回して角度調整できるようにした。その他ピント調整機能を搭載したり、盗難や落下を防止するためのワイヤーを取り付けたりできるようにした。外形寸法は164×50×187mmで重量が305g、F値は2.8だ。価格は4万9800円(税込、送料別)となる。

S+ Camera Designの寸法 S+ Camera Designの寸法

今回、同カメラにインストールして利用できる3rd partyアルゴリズムを販売する場として「S+ AIマーケット」を開設。提供アルゴリズムの第1弾として、AI Dynamics Japanの「Package20」の提供を開始した。

同アルゴリズムパッケージは、通行人カウントや滞在時間計測、車などの物体検出、OCRによるナンバー検知など合計20個のアルゴリズムをパッケージしたものだ。価格は9800円(税込)で、2021年12月31日まではお試しキャンペーンとして無料で提供する。

S+ AIマーケットのイメージ S+ AIマーケットのイメージ

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る