新しいものづくりがわかるメディア

RSS


M5StackのAIカメラモジュールとI2C拡張ハブ——「M5Stack UnitV2 M12版」/「M5Stack用Port A I2C拡張ハブユニット」発売

M5Stackは、AIカメラモジュール「M5Stack UnitV2 M12版」とI2Cポートを拡張できる「M5Stack用Port A I2C拡張ハブユニット」を発売した。スイッチサイエンスのオンラインストアから購入できる。

photo

M5Stack UnitV2 M12版は、Linuxで動作するスタンドアロンタイプのAIカメラモジュールだ。「M5Stack UnitV2 AI カメラ」のM12レンズバージョンとなる。

photo

コアにはSigmaStar製SSD202Dを採用。128MBのDDR3メモリ、512MB NANDフラッシュ、1080Pカメラ、2.4GHz Wi-Fi、および冷却ファンを搭載する。通常のM12レンズに加えて魚眼レンズも付属。マニュアルフォーカスにも対応する。顔認証や物体追跡などのAI認識アプリケーションを同梱し、ユーザーが容易に独自のAIアプリケーションを開発できる。価格は1万2452円(税込)だ。

photo

M5Stack用Port A I2C拡張ハブユニット(PCA9548AP)は、ひとつのI2C HY2.0-4Pインターフェースを、最大6チャンネルのI2Cに拡張できるようにする拡張ハブユニットだ。各チャンネルをポーリング制御してデバイス内共存させることで、同一のI2Cアドレスを持つ複数のスレーブ機器をマウントできる。PCA9548AP I2Cマルチチャンネル切り替えICを搭載し、I2Cインターフェースを効率的に拡張できる。

photo

デフォルトのI2Cアドレスは0x 70となっているが、PCB上に用意されたA0〜A2のパッドにゼロオーム抵抗をはんだ付けすることで、I2Cアドレスの変更が可能だ。価格は1045円(税込)だ。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る