新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi用オートフォーカス高解像度カメラモジュール「Arducam」

Raspberry Pi用オートフォーカス高解像度カメラモジュール「Arducam」がKickstarterに登場し、人気を集めている。Raspberry Pi公式カメラモジュールで未対応のオートフォーカス機能やカメラモジュールケースなどを提供する、オープンソースプロジェクトだ。

photo

Arducamは、すべてのRaspberry Piモデルに対応可能なオートフォーカス高解像度カメラモジュール。Raspberry Pi公式のカメラモジュール「V2」より2倍以上、同「HQ」より40%以上の高解像度な撮影ができるとしている。

photo

ソニーの16MP IMX519センサーを搭載し、Piカメラモジュール「V1/V2」とほぼ同じフォームファクターを採用。既存のプロジェクトを容易にアップブレードでき、新たなアプリケーションでもフレキシブルな構築を支援する。アルゴリズムを基礎からチューニングすることで、輪郭強調、鮮やかさ、露出などあらゆる面でPiカメラモジュールHQのクオリティを上回るという。

photo

Arducamの光学サイズはType 1/2.53インチ、センサー解像度は4656×3496ピクセル、動画モードは1080p30/720p60、F値(F-Stop)は1.75、焦点距離は4.28、Linux V4L2カメラドライバーに対応し、カメラモジュールケースを提供する。

photo

Arducamの予定小売価格は25ドル(約2800円)で、今なら早割価格120香港ドル(約1700円)で入手できる。150mmのリボンケーブルとユーザーマニュアルが付属し、アドオンでカメラモジュール、CSI-HDMIアダプターセット、パン/チルトキットを追加できる。2022年1月の出荷を予定しており、日本への送料は確認が必要だ。

photo

Arducamは、2021年12月30日までクラウドファンディングを実施中。12月23日時点で、1万5600香港ドル(約23万円)の目標額を大きく上回る約71万香港ドル(約1050万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  8. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  9. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見
  10. ラズパイを使ってラップトップPCを自作しよう——透明ボディのDIYキット「LapPi 2.0」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る