新しいものづくりがわかるメディア

RSS


東京の夏の空を彩った幾何学球体がNFTアートになって発売

モデルが作られる過程

2021年夏、スポーツと平和の祭典の開会式でのドローン演出のために考案された幾何学形態が、NFTアート化されて販売された。

「120 CHEQUERED SPHERE」と名付けられたこの幾何学形態は、120個の面で構成された市松模様の球体だ。ひし形30面体をベースに、バックミンスタンフラーが考案したジオデシックドームの要領で120面体を生成。大会前のわずか数週間で作成したとのことだ。

現在までこの造形に関する背景や創作プロセスに関して特に知られる機会もなかったことから、今回の販売によって情報発信する意図もあるという。

販売形式はデジタルデータの唯一性を担保するNFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)を採用。反対に3Dプリンティング技術によって物理的な複製を可能にし、デジタルと物理的な作品の性質をあえて反転させているのも特徴だ。

価格は0.08ETH(イーサリアム、1ETH=50万円とした場合4万円)で、公式Webサイトで販売している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る