新しいものづくりがわかるメディア

RSS


美しい幾何学模様を描く自動ドローイングマシン「Arduino Powered Pattern Making Machine」

Arduinoは、公式ブログで、スピログラフのように曲線で美しい幾何学模様を描く「Arduino Powered Pattern Making Machine」を紹介した。

数学的関係や数学的な模様は、自然界だけでなく日常生活にもあふれている。このデバイスは、パターン模様を通して数学と芸術との関係を理解することを目的に作られた。

Arduino Powered Pattern Making Machine

2つのディスクは単純な回転運動をするだけだが、アームの先に取り付けられたペンが、複雑で見た目に美しいパターンを描く。部品も、Arduino Uno、ステッピングモーター×2、CNCシールド、六角ボルト(M3/M4)、六角ナット(M3/M4)、アクリル板(または厚紙)、ペンと手に入りやすい物ばかりで、材料費も20ドル(約2300円)程度だという。

まず、アクリル板をベースプレート、アーム、回転ディスクの形に切断し、ベースプレートに各パーツとモーターをねじ止めしていく。次に、Arduino UnoとCNCシールドもベースプレートに取り付け、モーターをCNCシールドに接続する。最後にペンをアームに取り付ければハードウェアの完成だ。使用するペンについてはいろいろな色や種類を試すようにとしているが、クリエイターのデバイスではペン先が細いフェルトペンが最適だったという。

Arduino Powered Pattern Making Machine

クリエイターはプログラムコードも公開しており、ユーザーは2カ所のパラメーターの値を設定してアップロードするだけと、初心者でも取り組みやすい。設定する2つの値は左右のモーター速度をそれぞれ調整するためのもので、値を変えるとアームの動きも変わるため、さまざまなパターンを紙の上に描くことができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  8. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  9. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見
  10. ラズパイを使ってラップトップPCを自作しよう——透明ボディのDIYキット「LapPi 2.0」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る