新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「ノーコードIoT入門(仮称)」の早期アクセス募集開始、特典もあり

ツクレルは2021年12月28日、オンライン技術書「ノーコードIoT入門(仮称)」の早期アクセス募集を開始した。

本技術書は、ビジュアルプログラミングツールを用いてノーコードおよびローコードでIoTを始めるための手引書であり、「IoTに興味はあるが、どこから手を付けていいか分からない」というユーザーに向けて書かれた。

ハンズオンデバイスとして、小型で低価格のM5StackやRaspberry Piを使用。仕事でIoTを使用したいユーザーのために、データベースを用いた本格的なIoTを作る演習も含めた。著者は、M5Stack Japan Creativity Contest 2021で優勝を獲得したairpocket氏だ。

早期割引を用意しており、定価1万8000円のところ、4900円で教材を販売中だ(価格は全て税込)。

ツクレル教材早期アクセスとして、開発が完了した章から順に早期アクセス参加者に公開されていく仕組みを採用。全12章のうち3~7章は2022年1月7日、8~12章は同年2月8日までに、それぞれ早期アクセス者向けに公開予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る