新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「ノーコードIoT入門(仮称)」の早期アクセス募集開始、特典もあり

ツクレルは2021年12月28日、オンライン技術書「ノーコードIoT入門(仮称)」の早期アクセス募集を開始した。

本技術書は、ビジュアルプログラミングツールを用いてノーコードおよびローコードでIoTを始めるための手引書であり、「IoTに興味はあるが、どこから手を付けていいか分からない」というユーザーに向けて書かれた。

ハンズオンデバイスとして、小型で低価格のM5StackやRaspberry Piを使用。仕事でIoTを使用したいユーザーのために、データベースを用いた本格的なIoTを作る演習も含めた。著者は、M5Stack Japan Creativity Contest 2021で優勝を獲得したairpocket氏だ。

早期割引を用意しており、定価1万8000円のところ、4900円で教材を販売中だ(価格は全て税込)。

ツクレル教材早期アクセスとして、開発が完了した章から順に早期アクセス参加者に公開されていく仕組みを採用。全12章のうち3~7章は2022年1月7日、8~12章は同年2月8日までに、それぞれ早期アクセス者向けに公開予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る