新しいものづくりがわかるメディア

RSS


USBドングルタイプのM5Stack IoT開発キット「ATOM U」発売

M5Stackは、最大240MHz動作のESP32-PICOを搭載するIoT開発キット「ATOM U」の販売を2022年1月6日に開始した。

photo

同製品はデュアルコア、最大240MHz動作のESP32チップ(ESP32-PICO-D4)を搭載し、USB-Aコネクター、デジタルマイク、赤外線エミッター、RGB LED、Grove互換PORT.Aコネクターを備えている。

photo

電源はUSB-Aコネクター経由で供給でき、PCに直接挿すことでプログラムの書き込みが可能だ。また、ESP32による無線通信機能(Wi-Fi/Bluetooth)、デジタルマイクSPM1423による音声機能が利用できる。

photo

開発環境はUIFlowプログラミングをサポートする他、Arduino、MicroPython、ESP32-IDFなどの開発プラットフォームにも対応している。寸法は52×20×10mm、重量は10.6g。価格は1628円だ(税込)。スイッチサイエンスのネットショップから購入できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る