新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リアルタイムモニター付きRaspberry Pi用無停電電源ボード「UPS HAT For Raspberry Pi」

リアルタイムモニター付きのRaspberry Pi用無停電電源(UPS)ボード「UPS HAT For Raspberry Pi」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

UPS HAT For Raspberry Piは18650型リチウムイオン電池2本をセットできる拡張ボードで、通常の電源が故障したり、電圧が極度に低下したりしたときに、バックアップ電源として利用できる。コンピューターや周辺機器を安全にシャットダウンできるため、病院や工場、コールセンターなどでの利用を見込んでいる。

UPS HAT For Raspberry Pi

5V出力のUSBポートを2つ備え、入力は8.4V/2A。0.91インチディスプレイを搭載し、バッテリーの電圧、電流、電力、残量をリアルタイム表示する。過充電/過放電保護、過電流保護、短絡保護、逆電流保護回路を備えている。

UPS HAT For Raspberry Pi

大きさは56×94.5mmで、電池ホルダー、ON/OFFスイッチ、40ピンGPIOヘッダー、I2C通信機能を搭載し、オプションの1.28インチ丸形LCD HATやリレー拡張ボードと接続してさらに拡張することができる。UPS HAT For Raspberry PiはどのタイプのRaspberry Piとも互換性がある。なお、リチウムイオン電池は付属しないので、別途用意する必要がある。

UPS HAT For Raspberry Pi

UPS HAT For Raspberry Piのキャンペーン価格は30ポンド(約4700円)。出荷は2022年2月の予定で、日本への送料は15ポンド(約2300円)だ。

UPS HAT For Raspberry Piは、2022年1月22日までクラウドファンディングを実施中。2022年1月11日時点で、目標額500ポンド(約7万9000円)の25倍を上回る約1万3000ポンド(約200万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る