新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンスが「Arduino Nano 33 BLE」「Arduino Nano 33 BLE Sense」を発売

Arduino Nano 33 BLE(ピンヘッダ未実装)

スイッチサイエンスは2022年1月13日「Arduino Nano 33 BLE」および「Arduino Nano 33 BLE Sense」の販売を開始した。

Arduino Nano 33 BLEはArduino Nanoの進化版で、BLEが利用可能なNordic製マイコン(nRF52840)を搭載した開発基板だ。IMUが搭載されており、地磁気、ジャイロ、加速度計の計9軸を測定できるためロボット、エクササイズ計、デジタルコンパスなどに適している。動作電圧は3.3V、入力電圧は21Vで、各ピンの出力電流は15mA、クロックスピードは64MHzだ。

スイッチサイエンスでは現在ピンヘッダー未実装版のみが販売されており、価格は3278円だ。(価格は全て税込)なお、ピンヘッダー実装版は現在準備中だ。

Arduino Nano 33 BLE Sense

Arduino Nano 33 BLE Sense Arduino Nano 33 BLE Sense
Arduino Nano 33 BLE Sense(ピンヘッダ実装済) Arduino Nano 33 BLE Sense(ピンヘッダ実装済)

Arduino Nano 33 BLE Senseは、Arduino Nano 33 BLEに各種センサーも追加した開発基盤だ。動作や入力電圧、出力電流などのスペックはArduino Nano 33 BLEと同一で、温湿度センサー(HTS221)、気圧センサー(LPS22HB)、マイク(MP34DT05)、ジェスチャーおよび色センサー(APDS9960)が搭載されており、環境モニターなどに適している。

ピンヘッダー未実装版と実装版の両方を用意しており、価格は未実装版が5060円、実装版が5445円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る