新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AWS、「IoT ExpressLink」のプレビュー版と「AWS IoT ExpressLink SARA-R5 Starter Kit」提供開始

AWS(Amazon Web Services)は、安全なIoTコネクティビティを簡単に構築できる「IoT ExpressLink」のプレビュー版とスターターキット「AWS IoT ExpressLink SARA-R5 Starter Kit」の提供を開始した。

現在パブリックプレビュー版が入手可能なIoT ExpressLinkは、u-blox、Espressif、Infineonが提供する広範なハードウェアモジュールにおいて標準化した接続ソフトウェアを提供する。デバイスをクラウドに接続することで、AWS IoT Coreを含む200以上のAWS IoTサービスとの統合が可能になり、低コストで迅速なIoTデバイスの開発を支援する。

AWS IoT ExpressLink SARA-R5 Starter Kitは、MicroModエコシステムと新たなAWS IoT ExpressLinkプラットフォーム上で、安全なコネクテッドプロジェクトを開始するために設計されている。セルラーLTE-Mネットワークを介し、デバイスとAWS IoT Coreを接続するために必要なものすべてを提供する。

AWS IoT Coreとの接続は、スロットに挿入済みの事前に有効化されたSIMカードでグローバルに対応可能。スターターキットは、SparkFunのMicroModアセットトラッカーキャリアボードに搭載されたSARA-R5モジュールと、ESP32プロセッサーボードなどが含まれる。キャリアボードにはMicroModプロセッサーボードが挿入できるため、モジュールはさまざまなマイクロプロセッサーを利用できる。SARA-R5モジュールは、カスタマイズされたAWS IoT ExpressLinkプラットフォームをサポートするが、標準のATコマンドはサポート対象外なので、注意が必要だ。

スターターキットは予約注文を185ドル(約2万1000円)で受け付けており、製造予定が200ユニット未満と限られているため、購入者1人につき最大5ユニットまでとなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る