新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンスが、深度と色を取得可能なAIカメラ「OAK-D-LITE OpenCV DepthAIカメラ」を発売

スイッチサイエンスは2022年1月12日、「OAK-D-LITE OpenCV DepthAIカメラ」の販売を開始した。

同製品はニューラルネットワークを動作させながら、搭載したステレオカメラ2基と4Kカメラ1基を通して、深度情報と色情報を取得できるAIカメラだ。

撮影対象に対して動的に焦点を合わせられる自動焦点版と、固定焦点版の2種類をラインアップ。自動焦点は主に本製品から30cm以内の対象に対し有効だ。振動が大きい用途(ドローンやサスペンションなしのバイクなど)には固定焦点版を推奨している。

リアルタイムバックグラウンド演算により動きの予測が可能。H.264/H.265エンコーディングに対応しており(4Kビデオで、1秒当たり3.125MB)、Raspberry Pi Zeroにも対応しており、4K/30fpsで録画可能だ。

メインカメラとしてSony IMX214(FOV:81.3DFOV°、F値:2.2±5%)、ステレオカメラにはOmniVision OV725(FOV:85.6DFOV° 72.9HFOV° 57.7VOFV°、F値:2.2、レンズサイズ:1/7.5インチ)をそれぞれ採用している。

電源はUSB Type-C経由で供給し、消費電力はスタンバイ時0.6W、depthai_demo.py実行時4W、最大時で4.5Wほど。なお、ビデオエンコーダやニューラルネットワークを実行時は電力スパイク(2W)が発生する可能性がある。価格は自動焦点版と固定焦点版、どちらも1万8854円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る