新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンスが、深度と色を取得可能なAIカメラ「OAK-D-LITE OpenCV DepthAIカメラ」を発売

スイッチサイエンスは2022年1月12日、「OAK-D-LITE OpenCV DepthAIカメラ」の販売を開始した。

同製品はニューラルネットワークを動作させながら、搭載したステレオカメラ2基と4Kカメラ1基を通して、深度情報と色情報を取得できるAIカメラだ。

撮影対象に対して動的に焦点を合わせられる自動焦点版と、固定焦点版の2種類をラインアップ。自動焦点は主に本製品から30cm以内の対象に対し有効だ。振動が大きい用途(ドローンやサスペンションなしのバイクなど)には固定焦点版を推奨している。

リアルタイムバックグラウンド演算により動きの予測が可能。H.264/H.265エンコーディングに対応しており(4Kビデオで、1秒当たり3.125MB)、Raspberry Pi Zeroにも対応しており、4K/30fpsで録画可能だ。

メインカメラとしてSony IMX214(FOV:81.3DFOV°、F値:2.2±5%)、ステレオカメラにはOmniVision OV725(FOV:85.6DFOV° 72.9HFOV° 57.7VOFV°、F値:2.2、レンズサイズ:1/7.5インチ)をそれぞれ採用している。

電源はUSB Type-C経由で供給し、消費電力はスタンバイ時0.6W、depthai_demo.py実行時4W、最大時で4.5Wほど。なお、ビデオエンコーダやニューラルネットワークを実行時は電力スパイク(2W)が発生する可能性がある。価格は自動焦点版と固定焦点版、どちらも1万8854円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る