新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホや声で制御して部屋を暖める——おしゃれな壁掛けラジエーター「POLYGON」#CES2022

Wi-Fi機能を搭載し、インテリア性が高いデザインのラジエーター「POLYGON」が、2022年1月5~7日(現地時間)にかけてアメリカのネバダ州ラスベガスとオンラインでハイブリッド開催された国際見本市「CES 2022」でイノベーションアワード最優秀賞を受賞した。

POLYGONは、イタリアのラジエーターメーカーIRSAPが手掛けるスマートラジエーターのフラッグシップモデル。同社初のWi-Fi通信機能搭載機種となる電気パネルヒーターだ。

POLYGON POLYGON VERTICAL
POLYGON POLYGON HORIZONTAL

スマートフォンの専用アプリまたは音声アシスタントを介して、リモートでヒーターの電源オンオフや温度の制御ができる。アプリはAndroidとiOSに対応。音声アシスタントはGoogle Home、Amazon Alexaに対応する。

出力は750Wで、空気質モニターも搭載する。先進的な技術により電力消費量を自律制御し、最小限のコストで部屋を望みの温度に調整できるとしている。

POLYGONは壁掛けタイプで、縦長の「VERTICAL」と横長の「HORIZONTAL」の2モデルをラインアップする。サイズは短手方向が500mmで、長手方向が1800mm。重量はVERTICALが34.5kg、HORIZONTALが36kgだ。

スタイリッシュな外観で、色は45色から選択可能。斜めに配置されたカラーLEDバーがインテリア性をさらに高めている。また、HORIZONTALには小物を置けるスペースも設けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る