新しいものづくりがわかるメディア

RSS


天然木ディスプレイ「muiボード」とAlexaが連携、ストレスフリーな生活空間を作る #CES2022

2022年1月5~7日(現地時間)にかけてアメリカのネバダ州ラスベガスおよびオンラインで開催された国際見本市「CES 2022」で、京都のIoTスタートアップのmui Labが、天然木製ディスプレイシステム「muiプラットフォーム」とAIアシスタント「Alexa」と連携したビジュアルインタフェースを展示。スマートホーム部門でイノベーションアワードを受賞した。

muiプラットフォームは、独自のUXデザイン技術で作られたディスプレイ「muiボード」に、ユーザーにストレスを感じさせない必要最低限な情報だけを提示するシステムということだ。テクノロジーに温かさを感じさせ、より自然で快適な使い心地を提供することで、ユーザーの生活の質を高めることを目的に開発したという。

muiボードの筐体は天然木で作られており、美しく研磨された木片のような外観をしている。しばらく触れずにいると自動的にスリープモードになり、ディスプレイが消えて家具のような木片に戻り、生活空間の美観を壊すことなく、自然に溶け込む。

muiボードにはAlexaが組み込まれており、天気の確認やタイマーの使用、アラームのセットなどをハンズフリーで依頼できる。例えば、「Alexa、muiボードに5分のタイマーをセットするように頼んで」と話しかけると、muiボード上に時間を表す曲線が描かれる。視覚的に時間の経過を把握できるため判断や行動の選択肢が広がる。また、音声とタッチのインタラクション間をシームレスに操作でき、天然木に触れる触覚操作が加わることで、これまでにないストレスフリーで穏やかな体験を楽しめるということだ。

muiプラットフォームは、2022年6月から一般公開予定のスマートホーム標準規格「Matter(マター)」対応のデバイスとの連携も可能になる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る