新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GPSとBeiDouを同時受信できるマルチGNSS対応拡張ボード「GPS HAT for Raspberry Pi」

Raspberry Piに対応したGPS用拡張ボード「GPS HAT for Raspberry Pi」がKickstarterに登場し、資金を募っている。

GPS HAT for Raspberry Piは、マルチGNSS(GPS、BDS、QZSS)に対応し、GPSとBeiDouを同時受信できる小型モジュール。初回測位時間も短く、混雑した都市部でも正確に位置情報を取得できる。車両管理、資産管理、セキュリティシステム、小型カーナビ、地理情報システム、産業用PDAなどに適する。

GPS HAT for Raspberry Pi

Quectelの「GNSS L76」モジュールを搭載し、33の追跡チャンネル、99の取得チャンネル、210のPRNチャンネルを備える。補助GPS「EASY」と「AlwaysLocate」を組み合わせ、産業要件を満たすとしている。また、ロガー機能「LOCUS」搭載により、位置情報を15秒間隔で16時間以上も内部メモリに保存可能だ。

GPS HAT for Raspberry Pi

水平精度は2.5mCEP未満。初回測位時間はコールドスタート時で15秒未満、ウォームスタート時で5秒未満、ホットスタート時で1秒未満だ。捕捉感度は-148dBm、トラッキング感度は-163dBm、再補捉感度は-160dBmとしている。

また、基板にはバッテリーホルダー、LEDインジケーター×4、UARTインタフェースも搭載する。大きさは56×65mmだ。

GPS HAT for Raspberry Piのキャンペーン価格は外部アンテナ込みで30ポンド(約4700円)。出荷は2022年3月の予定で、日本への送料は15ポンド(約2300円)だ。

GPS HAT for Raspberry Piは、2022年1月30日までクラウドファンディングを実施中。2022年1月18日時点で、500ポンド(約7万8000円)の目標額の10倍を上回る約6100ポンド(約95万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る