新しいものづくりがわかるメディア

RSS


手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場

使用イメージ

最大精度0.1mmの赤外線方式3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeでプロジェクトを開始した。

Revopoint POP 2は、シングルフレームで最高精度0.1mm、点群データ間隔0.15mmの精度でキャプチャー可能。フレームレートは10fpsで、6軸ジャイロによって自動的に対象物を捉えることができる。スキャンには赤外線の不可視光を使用しているため、ヒトや動物でも安全にスキャンでき、高解像度露光センサーによってリアルの色を再現することができるという。3Dスキャンしたデータは、そのままVRやARで使用可能だ。

二眼レンズと微細構造化光を採用し、本体内蔵チップで3Dスキャンするので、スキャン用に特に高性能なPCを用意する必要がない。フィギュアデザインや工業製品の製造、美術品の保管/記録、オリジナルイヤピースなどの作成、ECサイトで表示する商品の3Dモデル作成などさまざまな用途に対応する。

スキャン最小体積は20×20×20mmでスキャン距離は150~400mm。本体サイズは154.6×38.2×25.6mmで重量は195gだ。出力形式はPLY、OBJ、STLで、対応OSはWindows8/10(64bit)、Android、iOS、macOSとなる。

本体の他に三脚と手持ちスタンド、三脚用セットアップ部品、USB A/Cケーブルなどが付属した「スタンダードセット」と、これに追加バッテリーやキャリーバッグ、回転テーブルを付けた「プレミアムセット」がある。

支援およびリターンは、「【先着50名早割】Revopoint POP 2(スタンダードセット)×1」6万2300円、「【先着100名超早割】Revopoint POP 2(プレミアムセット)×1」6万6000円(いずれも税込)などがある。

プロジェクト目標金額50万円のところ、2022年1月20日現在1474万円以上の支援が集まっており、既にプロジェクト達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る