新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発

飛島建設は、Raspberry PiとMEMSセンサーを利用した簡易型地震計測システムを開発し、日本石油販売と共に事務所ビル2棟にて実証試験を開始した。

photo 計測対象の事務所ビル2棟

従来の地震計では、地震動を計測する高精度のセンサーに加え、加速度信号を記録するロガーや制御/分析用のパソコンなどの周辺機器が必要となる。システム構築費、設置工事や調整作業費なども考慮すると300~1000万円程度の初期費用が発生する可能性がある。また、ある程度の設置スペースが必要になり、測定器ごとの保守点検のコストもかかるため、既存建物への導入はハードルが高かった。

そこで飛鳥建設はRaspberry PiとMEMS加速度センサーを組み合わせることで、安価で小型なネットワーク地震計を開発。従来の10分の1ほどのコストで地震計測システムを導入可能となった。

同システムは、複数台での時間同期やトリガー設定による強震計測の開始など、いくつかの計測用プログラムが実装され、デバイス内で計測/記録/制御/分析を担う。サイズも小さく設置スペースを抑えられ、1~2時間程度の設置工事で地震計測システムを導入できる。

photo 従来の地震計測システム構成図の一例
photo 簡易型地震計測システム構成図
photo 地震計設置状況
photo 計測波形の比較

実証試験では、高性能サーボ型地震計と同じ条件で地震動を計測し、両者を比較。測定結果から、サーボ型地震計とほぼ同等の強震観測ができると評価した。さらに飛鳥建設は、この簡易型地震計測システムのデータを、建物オーナー向けの会員サイトでリアルタイムに確認できるように、連携機能の開発に取り組んでいく考えだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  7. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  8. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る