新しいものづくりがわかるメディア

RSS


PIMORONIが「Tiny 2040」を販売開始

PIMORONIは「Tiny 2040」の販売を2022年1月19日に開始した。

同製品は切手サイズのRP2040開発ボードだ。USB Type-Cコネクターと8MB QSPI(XiP)フラッシュメモリを備えており、ポータブル機器の制作やウェアラブル機器への組み込み用途などに適している。

電源供給やプログラミング、データの送受信にはUSB Type-Cコネクターを利用する。はんだ付けパッドにPCBを直接はんだ付けしたり、ブレッドボードに直接ピンヘッダーもしくはワイヤーを接続して使用できる。プログラマブルなRGB LED、リセットボタンの他、ブートボタンをユーザ定義可能なスイッチとしても使用できる回路を備えている。

本製品の入力電圧範囲は3~5.5V、サイズは約22.9×18.2×6mm。価格は1430円だ(税込)。
 

※記事初出時、タイトルと文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る