新しいものづくりがわかるメディア

RSS


搬送自動化に貢献——Keigan「搬送ローラーキット6829」「KeiganAGV10LU」を販売開始

搬送ローラーキット6829

Keiganは、2022年1月19日にKeiganMotorを利用した「搬送ローラーキット6829」「KeiganAGV10LU」の販売を開始した。

搬送ローラーキット6829は、汎用アルミフレームへ取り付け可能な低推力ローラーコンベアシステムだ。コロコンローラーなど、フリーコンベアで支持されたダンボール箱やワークパレットを、KeiganMotorで駆動するゴムタイヤの摩擦によって下側から搬送する。

同社のWindowsアプリ(KMQuick)により動作をプログラム可能で、センサー入力や他のKeiganMotorからの無線送信をトリガーとして動作を開始したり停止したりできる。USB電源(5V)で駆動し、低推力システム設計や省エネに貢献する。

タイヤ部直径は101.6mm、最大トルクは0.5Nm、最大推力は10N。搬送重量は10kg以下で、搬送速度は最大0.7m/秒(無負荷回転数140rpm)、定格消費電力は5W、最大消費電力は12W(5V2.4A)だ。

KeiganAGV10LU

KeiganAGV10LUは、KeiganMotorとRaspberry Pi、カメラを使用して、USBモバイルバッテリーで動作するライントレーサーAGV(無人搬送車)だ。

青色のラインテープをトレースして走行し、赤色のラインテープを検知すると自動停止する仕組みだ。加えて、2次元マーカーで停止や旋回などの操作を実行できる。Raspberry PiとPythonによりオープンソースで開発でき、KeiganMotor搬送ローラーキットと組み合わせて搬送物の積み下ろしなどの自動化システムにも応用できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る