新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅でビールを原料から醸造できる「BEERMKR」

自宅でビールを原料から醸造できる新たな家電が登場した。アメリカ発の「BEERMKR」は、麦などの原料を入れると自動で温度管理などを行い、ビールを醸造する。発酵に3~7日、炭酸ガスを溶け込ませるカーボネーションに数日をかけ、公式ウェブサイトでは「レシピにもよるが4~18日間でビール造りが可能」としている。

ビールの醸造に必要な麦やホップ、酵母といった原料は「MKRKIT」としてセットで販売しており、「FUTURE IPA」、「CHUBBY STOUT」など複数の種類を用意している。原料のアレンジも可能で、チョコレートや新鮮な果物を追加してオリジナルビールも造れるという。

BEERMKRには「BEERTAP」が付属しており、原料の発酵が終わると発酵した麦汁が入っている袋をBEERMKRから取り出して、袋をそのままBEERTAP内に入れてMKRKITに含まれているCO2ガスカートリッジと接続する。そして、BEERTAPごと冷蔵庫に入れて冷やしている間に、BEERTAP内ではガスカートリッジから炭酸ガスが注入され、熟成が進むという仕組みだ。

スマートフォンに専用アプリをインストールしてWi-Fi経由でBEERMKRと接続すれば、醸造工程をモニターして確認できるだけでなく、発酵が終わったタイミングなどを知らせてくれる。

BEERMKRの価格は649ドル(約7万4000円)で、BEEMKR本体の他にBEERTAP1個とMKRKIT1セットが付属する。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る