新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イギリスと日本、次期戦闘機向けジェットエンジンの共同開発を発表

イギリス国防省は2021年12月22日、日本の防衛省と協力して、次期戦闘機のジェットエンジン実証機を開発すると発表した。両国は協力覚書に署名し、2022年初頭から始動する予定。日本からは三菱重工とIHI、イギリスからはロールスロイスとBAEシステムズが開発に加わる。

イギリスはまず、計画、デジタル設計、革新的な製造開発に対して3000万ポンド(約46億5000円)を投資し、その後、実物大の実証機用電力システムの開発に2億ポンド(約310億円)を追加する予定だ。今後4年で20億ポンド(約3100億円)以上を投資し、次期戦闘機「Tempest」を中核とする、無人航空機、センサー、兵器、先進のデータシステムと連携可能なFCAS(将来航空戦闘システム)の開発と、2030年代半ばの就役を目指す。

並行して日本は、F2戦闘機の後継となる次期戦闘機「F-X」の開発にあたる。また、日本の防衛省も、エンジンの共同実証事業に加えて、更なるサブシステムレベルの協力について実現可能性を検討し、共通化の程度を日英共同で分析すると発表している。

Ben Wallace国防大臣は「インド太平洋地域におけるパートナーシップの強化は戦略的優先事項で、アジアで最も密接な安全保障パートナーの1つである日本との今回の合意は、その明確な例だ」とコメントし、両国の技術的、産業的強みを足場として、次期戦闘機技術に関して幅広い結び付きを模索するとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る