新しいものづくりがわかるメディア

RSS


16Mピクセルのラズパイ用カメラ——「Raspberry Pi用高解像度オートフォーカスカメラモジュール」

16メガピクセルのSony「IMX519 カメラセンサー」を搭載した「Raspberry Pi用高解像度オートフォーカスカメラモジュール」が登場した。

photo

本カメラは、「Arducam」として2021年12月にkickstarterに登場、約1700万円の支援を集めて、プロジェクトを成功させている。今回スイッチサイエンスから購入できるようになった。解像度は16メガピクセルと、Raspberry Pi公式カメラV2の8メガピクセル、HQの12メガピクセルよりも高解像度で、オートフォーカス機能も備えている。

photo

V1/V2カメラと同一フォームファクター、全PIモデル互換だ。公式カメラモジュールで使用されているものと同じRaspberry Pi財団のチューニングアルゴリズムが活用でき、同様にオープンソースとして扱われる予定だ。

photo

光学サイズは1/2.53インチ、センサ解像度は4656×3496、焦点距離は4.28mm。出力はRAW10/8、COMP8。オートフォーカス、IRカットフィルター内臓。サイズは約25×24×15mm、プラスチックケースが付属する。価格は3279円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  8. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  9. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  10. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る