新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高校の新必修科目「情報 I」に対応する「はじめてのAIプログラム学習キット6」を販売

TensorFlowを用いる教材での画像認識の例

スペクトラム・テクノロジーは、「はじめてのAIプログラム学習キット6」の販売を開始した。

このキットでは「Raspberry Pi 4 model B」を使用して、「TensorFlow(.js)」および「PyTorch」「Python」の基礎について学習できる。

2022年度から高校で必修科目となる「情報 I」の教員向け実践プログラムに対応しているのが特徴だ。教員研修用の教材にも完全準拠しており、Raspberri Pi OS(bullseye)により各言語を最新化している。

プログラム言語学習(Python)ではサンプルプログラムによる追体験に加え、プログラミング習得用の練習問題100問を備える。Pythonバージョン3.9にも対応している他、Jupyter notebookを標準で実装した。

TensorFlow v2.6のガイドおよび教材により、AI言語の基礎、kerasから画像、テキスト、音声認識などの事例までを学習できる。またPyTorchでは、基礎に加えて画像や音声、言語認識までを習得および体験ができる。TensorFlowではゲームや音楽、スケッチなどをブラウザベースで体験可能だ。また、第3章ではコンピュータとプログラミングの基礎、応用、シミュレーションのプログラムを習得できる。

14日間の無料サポートを用意している他、オプションとして関連ソフトのインストール作業も利用できる。

今回はRaspberry Pi版に加えて、GPUを追加してAI学習のみで使用できるGPU版、Google coral(USBアクセラレーター)を使って学習できるCoral版もオプションで販売する。Pi版の価格は、一般向けが3万7400円、学生向けが2万6400円。グラフィック版は2万8600円、Coral版は4万4000円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  8. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  9. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見
  10. ラズパイを使ってラップトップPCを自作しよう——透明ボディのDIYキット「LapPi 2.0」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る