新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ブラウザでロボットのモーション制御を開発できる「TOMOT 3Dシミュレーター」公開

日本ビジネスデータープロセシングセンターは、プログラミングを教える大学/高等専門学校/高校などを対象として、クラウド上でロボットのモーション制御を開発できる「TOMOT(ともット) 3Dシミュレーター」を公開した。

photo

TOMOT 3Dシミュレーターはブラウザ上で動作し、会員登録料や基本利用料は無料。今後、有料コンテンツが追加される予定だ。

教育現場ではコロナ禍により在宅学習などのオンライン化が進んだ一方、ロボットプログラミングなどの対面授業を前提とした実技の時間が十分に取れていなかったという。TOMOT 3Dシミュレーターを利用すれば、生徒の人数分、実物のロボット教材を調達する必要がなくなり、ロボットの故障や断線も起きないためメンテナンスも不要。ロボットプログラミング教育の一助になるよう開発したとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る