新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンティング技術で自動車部品の製造コストを80%削減可能であることを実証 独フラウンホーファーIAPT

© Fraunhofer IAPT

独フラウンホーファー研究機構付加製造技術研究所(以下、フラウンホーファーIAPT)は、3Dプリンティングを念頭に置いて設計し最適化することで高級スポーツカーのドアヒンジ製造コストを全体で80%削減できることを実証したと発表した。

スポーツカーのドアヒンジ再設計プロジェクトを実施したフラウンホーファーIAPTの技術者らは、まず、ドアヒンジの部品の中で適切なものを特定し、3Dプリントする際に最適な向きを決定した。必要なサポート構造の数を最少限にする一方で、ビルドプレート上の部品の数は最大限に増やし、部品の向きについて最適化しない場合と比較してコストを15%削減した。

次に、ドアヒンジの構造を最適化し、力が加わる必要な個所のみに材料を含む形状にしたことで、ドアヒンジアームの重量を35%削減することができた。これにより、材料の必要量が減るだけでなく、造形時間も短くなり、さらにコストがさらに20%削減できた。

また、設計でサポート構造の数を減らすことで、製造時間と材料の必要量が改善し、コストをさらに10%カット。加えて、3Dプリント用材料から最適の金属粉末を選択し、さらなる10%のコストダウンを実現した。

また、3Dプリントするドアヒンジのレイヤーを厚くするなど、付加製造プロセスのパラメーターを調整することでコストをさらに15%削減することが可能で、造形エリアでのネスティングや必要に応じてスタッキングするなど3Dプリンターの使い方を効率化することでさらに10%のコスト削減が可能としている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る