新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイスのBlackstone Resources、3Dプリントで製造したリチウム電池を発売

スイスのBlackstone Resourcesはこのほど同社の特許取得済みの3Dプリント技術を用いたリチウム電池を発売すると発表した。

同社によると、この製造プロセスには、従来の方法と比較して多くの利点がある。3Dプリントを用いたプロセスでは、電池セル内のエネルギー貯蔵層を分厚くすることができ、重量エネルギー密度が20%向上する。さらに、サイズに柔軟に対応できるため自動車メーカーなど、さまざまな顧客のニーズに合わせて正確に調整することが可能だ。

この画期的な技術による電池の省スペース化は15%で、1kWhあたり20ユーロの材料費を節約可能だ。同時に、生産におけるエネルギー消費量についても23%削減できるとしている。

同社は現在、LFP(リン酸鉄)系とNMC(ニッケルマンガンコバルト)系の電池を発売しようとしているが、この技術自体はどんなタイプのセルにでも適用可能だ。将来的には、3Dプリントによる固体電池の開発も視野に入れており、その場合エネルギー密度を最大70%まで飛躍的に向上させることができる、と同社は期待を寄せている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  8. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  9. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  10. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る