新しいものづくりがわかるメディア

RSS


幻のレーシングカー「ロータス タイプ62」を現代に——Stratasysが3Dプリントパーツで協力

Stratasysは2022年2月16日、コーチビルダー(少量自動車製造業者)Radfordによる「Lotus Type 62-2」プロジェクトに参加し、プロトタイプ車に使用される500個以上の部品を3Dプリントによって出力したと発表した。

photo

Radfordは、1950~60年代にBentleyやRolls-Royceなどの高級車のカスタムを手掛け、特にThe Beatlesのメンバー専用にデザインされたMini Cooperカスタムモデルで世界中に知られた、イギリスの名門コーチビルダーだ。今回最新技術を取り入れつつリスタートし、1968年に数台のみ製造されたロータスのレーシングカー「タイプ62」を、最新のスーパーカーとして現代に蘇らせるプロジェクトを立ち上げた。

Type 62-2の最初の2台のプロトタイプのため、Radford Studio、Aria Group、 Stratasys Direct Manufacturingにおいて、500個以上の3Dプリントパーツが作られた。RadfordチームはStratasysのワークフローソフトウェア「GrabCAD Shop」を利用し、5つのグローバルロケーションに渡り、最大20台の3Dプリンターからパーツを出力する分散生産を実施した。

photo

Stratasysの3Dプリンターは「F900」、「F770」、「Fortus 450mc」、「F370」、「J55」などを活用し、それぞれ個別の特性を備えたパーツを造形。例えば、F900と「ULTEM 1010」レジンを用い、ボディシェルを構成する複合材製ファイヤーウォールサンドイッチコアを二分割した状態で出力し、造形後に接合して一体化、カーボンファイバーでラッピングしている。

今回のRadfordの復活をサポートするカービルダーのAnt Anstead氏は、「Stratasysの3Dプリンティング技術のおかげでデザインの自由度が向上し、2台のプロトタイプ車向けのカスタマイズパーツを容易に作製できた。伝統的なコーチビルディングに、最新技術のプロセスを取り入れることで完成した車だ」と語っている。

なお、復活プロジェクトの詳細は、Discovery+チャンネルが配信する番組「Radford Returns」で見ることができる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る