新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリントで住宅建設——Azure、再生プラ製3Dプリントハウス14棟を建設

再生プラスチックを使った3Dプリンティング建築を提供するアメリカ・カリフォルニア州のAzure Printed Homesは、Oasis Developmentによる住宅開発プロジェクトのパートナーに選ばれた。同州リッジクレストにて2022年8月から工事を開始し、翌月には14棟のプリントハウスを完成させる予定だ。

photo

Azureは、再生プラスチックを原料とし3Dプリントで建造したガーデンハウスやユニットハウスの販売を手掛けている。埋め立てや焼却処分されるプラスチックを利用することで廃棄物を減らすとともに、新たなリソースを必要としないクローズドループのサーキュラーエコノミーへの貢献を目指している。

photo
photo

住宅開発プロジェクト向けに、同じ廃棄物再利用技術を活用し、構造のすべてを3Dプリントした住宅を建設する。同社によると、3Dプリントハウスは従来の手法より70%速く構造を建設でき、30%のコスト削減が可能だという。また、屋内の気密性を高め、ヒートポンプやソーラーパネルなどの低炭素化技術を活用することで、光熱費を大幅に削減する計画だ。

photo

同社のサイトによると、3Dプリント製バックヤードスタジオ(120平方フィート:約11.1平方メートル)が2万4900ドル(約290万円)から、居住向けのユニットハウス(約360平方フィート以上:33.3平方メートル)が7万9900ドル(約932万円)からとなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る