新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを利用した肖像画描画ロボット「Pankraz Piktograph」

Raspberry Pi 3を利用した自律型の肖像画描画ロボット「Pankraz Piktograph」が、Raspberry Pi公式ブログで紹介された。

Pankraz PiktographはFelix Fisgus氏とJoris Wegner氏の共同開発。肖像画のモデルとなる人物がロボットの前で有線リモコンのシャッターボタンを押すと、ポートレートを撮影し、その画像データを基に一対のロボットアームが肖像画を描画する。さまざまな描画スタイルに対応可能で、少ない線で素早く描いた抽象画や、繊細にきめ細かく描かれた肖像画などをつくり出せる。各作品には、唯一無二のオリジナル作品としてシリアルナンバーを付与する。

Raspberry Pi 3がPankraz Piktographの心臓部となり、3.5インチディスプレイや内蔵カメラを制御する。ポートレート画像からベクターベースの図形データを生成し、ロボットアームのアクチュエーターを制御している小型マイコンボードのTeensyに図形データを送信する役割を担っている。ソフトウェアは、openFrameworksを使用。インターフェースを駆動させ、画像処理する。

Felix氏は、自身のInstagramで「Pankraz Piktographは、Joris Wegnerと私の修士論文のテーマとして共同製作しました。歴史的なMaillardet氏 の自動描画機や、最近のPatrick Tresset氏の描画ロボット『Paul the Robot』から影響を受けて、科学博覧会や展示会などのイベント中に、来場者の自画像を描くロボットを開発しようと決めました」と開発の経緯を説明している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る