新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを利用した肖像画描画ロボット「Pankraz Piktograph」

Raspberry Pi 3を利用した自律型の肖像画描画ロボット「Pankraz Piktograph」が、Raspberry Pi公式ブログで紹介された。

Pankraz PiktographはFelix Fisgus氏とJoris Wegner氏の共同開発。肖像画のモデルとなる人物がロボットの前で有線リモコンのシャッターボタンを押すと、ポートレートを撮影し、その画像データを基に一対のロボットアームが肖像画を描画する。さまざまな描画スタイルに対応可能で、少ない線で素早く描いた抽象画や、繊細にきめ細かく描かれた肖像画などをつくり出せる。各作品には、唯一無二のオリジナル作品としてシリアルナンバーを付与する。

Raspberry Pi 3がPankraz Piktographの心臓部となり、3.5インチディスプレイや内蔵カメラを制御する。ポートレート画像からベクターベースの図形データを生成し、ロボットアームのアクチュエーターを制御している小型マイコンボードのTeensyに図形データを送信する役割を担っている。ソフトウェアは、openFrameworksを使用。インターフェースを駆動させ、画像処理する。

Felix氏は、自身のInstagramで「Pankraz Piktographは、Joris Wegnerと私の修士論文のテーマとして共同製作しました。歴史的なMaillardet氏 の自動描画機や、最近のPatrick Tresset氏の描画ロボット『Paul the Robot』から影響を受けて、科学博覧会や展示会などのイベント中に、来場者の自画像を描くロボットを開発しようと決めました」と開発の経緯を説明している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る