新しいものづくりがわかるメディア

RSS


異なる種類の細胞を含む組織作製も可能——小型バイオ3Dプリンター「Biopixlar AER」

スウェーデンのFluicellは、小型で使いやすく高精度のバイオ3Dプリンター「Biopixlar AER」を発表した。自動制御機能や遠隔操作機能を搭載し、医学研究や創薬だけでなく宇宙産業や深海調査でも利用できるという。

Biopixlar AERは、独自のマイクロ流体技術によりバイオプリントプロセスを完全に制御できるシングルセル3Dバイオプリンターだ。2機種目になる製品で、自動化と容易なワークフローの統合を念頭に設計された。

Biopixlar AER

マイクロ流体プリントヘッドは交換可能で、単一細胞アレイだけでなく、異なる種類の細胞を含む細胞組織も作製できる。バイオインクが不要なプリント工程により細胞に優しい環境を作り出すため、バイオプリントされた組織の細胞生存率は95%に達する。

Biopixlar AER

プリントヘッドの位置決めを自動化したほか、電動並進ステージと内蔵マイクロスコープによりプリントプロセスの遠隔操作が可能。また、専用ソフト「Biopixlar Wizard」やゲームパッドのように直感的に操作できるコントローラーを用意している。

BioPixlar AER

Biopixlar AERの大きさは280×270×420mmで、バイオハザード対策用の安全キャビネットやヒュームフード(ドラフトチャンバー)に設置可能だ。ステージの可動域は16×16mm、移動精度は5μmとしている。

同社のCEOであるVictoire Viannay氏は「この新しいプラットフォームをBiopixlarファミリーに加えることで、ヘルスケアにおける将来のニーズを満たすことができ、新しくエキサイティングな顧客層をターゲットとする製品群を当社はそろえたことになる」とコメントしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る