新しいものづくりがわかるメディア

RSS


作例15点を紹介する「手づくり工作をうごかそう!micro:bitプログラミング 第2版」

翔泳社は、「手づくり工作をうごかそう!micro:bitプログラミング 第2版」を発刊した。教育用マイコンボードのmicro:bitに、お菓子の箱やペットボトルなどの身近な素材を組み合わせて、友達と遊べるゲームや生活に役立つ便利ツールなどをつくり出すやり方を紹介している。

micro:bitは、2020年にv2.0へバージョンアップ。スピーカーが新たに搭載されるなどしたv2.0に対応できるように改訂し、第2版として出版した。本書を読み進めることで、micro:bitの使い方とプログラミングの基本を遊びながら理解できるようになっている。

1章は「ゲームであそぼう」、2章は「便利ツールをつくろう」、3章は「STEAMを楽しもう」、4章は「Scratchと連携させよう」という構成になっており、コロコロサイコロ、〇×クイズ盛り上げ棒、ぼうけんウォッチ、ハミガキタイマー、コロコロじょうぎ、ツウデンテスター、リンゴキャッチゲームなど、15作品の作例を掲載している。

著者は石井モルナ氏、阿部和広氏、鈴谷大輔氏で、B5版160ページ。価格は2090円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る