新しいものづくりがわかるメディア

RSS


受粉ロボット開発のHarvestXが総額1億5000万円の資金を調達

HarvestXのYouTubeチャンネルより

受粉ロボットを開発しているHarvestXが、「ANRI 4号投資事業有限責任組合」などから総額1億5000万円の資金を調達した。

今回同社が資金を調達したのは、ANRIが運営するANRI 4号投資事業有限責任組合、東京大学協創プラットフォーム開発が運営する「オープンイノベーション推進 1号投資事業有限責任組合」、ディープコアが運営する「DEEPCORE TOKYO 2号投資事業有限責任組合」だ。

HarvestXによると、果物類の生産にはハチなどによる虫媒受粉か人手による受粉が必要だが、この方法では収量が不安定だったりコスト高になったりなどの課題があった。同社は、果物類の安定生産を目指してロボットによる受粉技術の開発に着手。同社によれば「世界初」となるという、ロボットによるイチゴの受粉の実証に成功した。

現在、同社研究施設内に植物工場と同様の栽培設備を導入して、受粉ロボットおよびソフトウェアのプロトタイプ開発を進めている。

今回の資金調達により、パートナーである植物工場事業者との実証実験に向けたハードウェア、ソフトウェアの開発、および植物工場における実証実験を通じたオペレーションの検証、受粉精度の向上を進める。また、実証実験の結果を踏まえた製品のベータリリースも計画している。

同社では、ロボットによるイチゴ栽培の自動化を2025年までに目指すとし、今後も開発を加速していくという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る