新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Polyuse、3Dプリンター造形した土木構造物による公共工事施工を実施

建設用3Dプリンターを開発するPolyuseが、3Dプリンターで造形した土木構造物を使って公共工事の施工を実施した。同社によると国内初となる。

photo

今回施工したのは、国土交通省発注の一般国道55号南国安芸道路の改良工事(高知県内)で、請負事業者は入交建設だ。

photo

Polyuseは、人手不足や社会インフラ老朽化などの課題を解決するために、建設用3Dプリンターやロボットなどを活用した施工によって、人とテクノロジーの共存施工を目指しており、国や自治体、建設業界と開発/実装を進めている。

photo

今回の施工は、3Dプリンター運用の最適化や施工生産性向上に対する評価、既存工法との比較検証などを目的に実施した。施工日数は、既存施工で6~8日かかるところを3日に短縮、また、施工人数は同11人必要なところを6人に削減できた。

今後据付環境も考慮した上で、より最適な構造物の形状や必要強度、施工方法などについて、3Dプリンター施工ならではの観点からも協議検討を進めていくという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る