新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「お城はどこ?」キャステム、超微細3Dプリントサービスを利用した世界最小0.2mm角の福山城ミニチュアを製作

キャステムは、超微細3Dプリント技術を用いて世界最小の福山城のミニチュアを製作した。

今回製作された福山城のミニチュアは全長0.2mmで、実物の約17万分の1スケールに相当する。今年の8月に築城400年を迎える福山城の機運を盛り上げるために作成され、2022年3月28日に福山市へ寄贈された。

同社は3Dスキャン/3Dプリンターといったデジタル技術と、従来のアナログ技術を融合させたものづくりにより「福山城の伏見櫓(ふしみやぐら)のしゃちほこ」や「1/250スケール福山城」といった製品を商品化しており、これらは福山市のふるさと納税の返礼品にも採用されている。

造形を可能としたのは、同社が京都先端科学大学と共同研究を進める3D光造形装置「Nanoscribe」システムを利用した超微細3Dプリントサービスだ。積層2光子重合の3D造形技術とサブミクロンの分解能を持つIP樹脂を用いることで、従来の製法では不可能な形状や精度の製品が製造可能となった。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る