新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「お城はどこ?」キャステム、超微細3Dプリントサービスを利用した世界最小0.2mm角の福山城ミニチュアを製作

キャステムは、超微細3Dプリント技術を用いて世界最小の福山城のミニチュアを製作した。

今回製作された福山城のミニチュアは全長0.2mmで、実物の約17万分の1スケールに相当する。今年の8月に築城400年を迎える福山城の機運を盛り上げるために作成され、2022年3月28日に福山市へ寄贈された。

同社は3Dスキャン/3Dプリンターといったデジタル技術と、従来のアナログ技術を融合させたものづくりにより「福山城の伏見櫓(ふしみやぐら)のしゃちほこ」や「1/250スケール福山城」といった製品を商品化しており、これらは福山市のふるさと納税の返礼品にも採用されている。

造形を可能としたのは、同社が京都先端科学大学と共同研究を進める3D光造形装置「Nanoscribe」システムを利用した超微細3Dプリントサービスだ。積層2光子重合の3D造形技術とサブミクロンの分解能を持つIP樹脂を用いることで、従来の製法では不可能な形状や精度の製品が製造可能となった。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る