新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Glotureがレーザーカッター「GeeLax」を販売開始

Glotureは2022年4月15日、レーザーカッター「GeeLax」の販売を同社オンラインショップで開始した。

同製品はさまざまな素材に対し、レーザーによる切断/彫刻が可能だ。木材や紙、竹に加えレザーやプラスチック、フェルト、ゴム、アクリルなどの素材に対応している。

USBケーブルでパソコンと接続することで、同社のソフトを使用して写真の編集やデザインが可能。JPEG/JPG/PNG/BMPなどの画像ファイル形式に対応している。Bluetoothでスマートフォンからも接続できるため、パソコンがなくてもデータ作成が可能だ。

本体前面部にはシールドパネルが内蔵されており、保護メガネの着用や保護カバーの取り付けは不要。本体背部には、放熱/換気用のファンが内蔵されている。

寸法は172×172×162mm、重量は約1.8kgで、加工エリアは80×80mm。加工用レーザーの出力は3000mWで、連続で最大8時間の稼動が可能だ。付属品としてマニュアルやUSBケーブル、電源アダプターに加え、テスト用素材やUSBフラッシュメモリー、レーザー保護パネルが付属する。

価格は3万9600円(税込)。同社オンラインショップでは先行割引として期間限定で2万6800円(税込)で販売しており、2022年5月上旬からの発送を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る