新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを搭載しピアノロールに記録された音楽を自動演奏する「Pianola Roll Player」

Raspberry Pi 3 Model B+を使用した自動ピアノ「Pianola Roll Player」がRaspberry Pi公式ブログで紹介された。

自動ピアノとは、空気圧式または電気機械式機構により鍵盤を操作し、自動的に演奏するピアノのことだ。演奏する音に合わせて小さな穴をいくつも開けてある巻き紙(ピアノロール)を使うものがほとんどだが、オルゴールのように金属製ロールを使用するものもある。

Raspberry Pi Pianola Roll Player

現在では、ほとんどの自動ピアノがMIDIデータを使って音楽を演奏するが、このPianola Roll Playerの特徴は、楽譜に相当するピアノロールの穴を光センサーで読み取って、リアルタイムでMIDIデータに変換し、小型USB-MIDIコンバーター経由でMIDI対応楽器にデータを送信して演奏する点だ。

ピアノロールの穴を読み取る光センサーは、A3サイズのスキャナーから流用した部品を使用。ステッピングモーターを用いて、光センサーの上を横切るようにピアノロールを巻き取っていき、穴の位置をセンサーで読み取る仕組みだ。

Raspberry Pi Pianola Roll Player

光センサーで読み取ったデータをMIDIデータに変換するプログラムはC++で作成。Pianola Roll Playerでは65音/88音のピアノロールを使って演奏できる。また、センサーからの出力データをオシロスコープ画面上で表示することも可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る