新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piを搭載しピアノロールに記録された音楽を自動演奏する「Pianola Roll Player」

Raspberry Pi 3 Model B+を使用した自動ピアノ「Pianola Roll Player」がRaspberry Pi公式ブログで紹介された。

自動ピアノとは、空気圧式または電気機械式機構により鍵盤を操作し、自動的に演奏するピアノのことだ。演奏する音に合わせて小さな穴をいくつも開けてある巻き紙(ピアノロール)を使うものがほとんどだが、オルゴールのように金属製ロールを使用するものもある。

Raspberry Pi Pianola Roll Player

現在では、ほとんどの自動ピアノがMIDIデータを使って音楽を演奏するが、このPianola Roll Playerの特徴は、楽譜に相当するピアノロールの穴を光センサーで読み取って、リアルタイムでMIDIデータに変換し、小型USB-MIDIコンバーター経由でMIDI対応楽器にデータを送信して演奏する点だ。

ピアノロールの穴を読み取る光センサーは、A3サイズのスキャナーから流用した部品を使用。ステッピングモーターを用いて、光センサーの上を横切るようにピアノロールを巻き取っていき、穴の位置をセンサーで読み取る仕組みだ。

Raspberry Pi Pianola Roll Player

光センサーで読み取ったデータをMIDIデータに変換するプログラムはC++で作成。Pianola Roll Playerでは65音/88音のピアノロールを使って演奏できる。また、センサーからの出力データをオシロスコープ画面上で表示することも可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  8. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  9. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見
  10. ラズパイを使ってラップトップPCを自作しよう——透明ボディのDIYキット「LapPi 2.0」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る